事務局:岡山医療技術専門学校
〒700-0913 岡山県岡山市北区大供3-2-18

TEL (086)806-2229
FAX (086)368-1178
岡山理学療法士会 > 一般の皆様へ > ごあいさつ

岡山理学療法士会とは

医療から在宅まで、
ますます広がる理学療法士会の活躍の場
会長 國安勝司

一般社団法人
岡山県理学療法士会
会長 國安 勝司

我が国の医療の中に理学療法の専門職が誕生したのは、昭和40年に「理学療法士及び作業療法士法」が公布・施行され、翌41年に第1回の国家試験により全国で183名の合格者に理学療法士として免許が交付されたときであります。その年に日本理学療法士協会が設立され、昭和47年1月16日に社団法人認可を厚生省から受け、現在では約8万名を越える組織となり、国民の医療・福祉の向上に寄与しております。

岡山県では、昭和42年に数名の会員で岡山県理学療法士会が日本理学療法士協会支部組織の任意団体として結成されました。その後、県民の皆様の医療・保健・福祉の増進に寄与することを目的として、さまざまな公益活動を行ってまいりました。平成8年にはこれら活動の公益性から岡山県より社団法人として認可を受け、平成24年より一般社団法人として現在に至っております。

平成24年度時点の一般社団法人岡山県理学療法士会会員数は約1400名であり、常に「国民の皆様から、我々の求められている役割は何であるか」との、自覚を深めて活動する所存であります。

現在、我が国のリハピリテーション医療が個人の身体機能を対象とし、障害の治療、回復に専念してきた時代から、急速な高齢化社会を迎え、疾病構造は感染症から成人病、そして老人病へと変化し、寝たきりや認知症などの遅発退行性病変へと転換してきています。そして、保健医療体制も成人病を対象として病院医療中心の時代から新たな需要に対する長期ケアの高まりや、在宅ケアへの充実が強く要望されております。理学療法士は、これらのリハピリテーション医療及び医療福祉に重要な役割をもつ医療専門職であります。 一般社団法人岡山県理学療法士会は小団体ではありますが、その活動が社会の公益に還元することを目指し、リハピリテーション医療の専門職として、資質を向上させる研究は勿論、社会・医療情勢の変化を的碓に捉えた学会・研修会を開催し、士会ニュース・学術誌を発行して研鑽に励むと共に、県市町村及び関係諸団体からの要請に対し理学療法に関する相談・助言活動を行うべく、数多くの事業活動を実施するよう努めます。更に地域保健福祉関係者との交流をより一層拡大し、医療・保健・福祉の連携を強画なものとするよう努めます。また岡山県下理学療法士養成機関は7施設あり、今後県内で就労する理学療法士は益々増加すると考えられますが、これら教育機関と協力し、卒前教育と卒後教育の一貫した研修制度を碓立し、将釆の人材育成に尚一層の努力をいたします。